講座紹介

Lecture  

59429119_2352374521754991_3128219059011715072_o (DESKTOP-3S57CBT の競合コピー 2021-07-09).jpg

京都府京都市出身

京都大学法学部卒業

1995年 環境庁(現環境省)入庁

1999年 ケンブリッジ大学 土地経済学科修士課程取得

2000年 オックスフォード大学 環境管理学科修士課程取得

2011年 長野県環境部温暖化対策課長

2013年 環境省自然環境局総務課課長補佐

2015年~2019年3月 長野県副知事

2019年 環境省大臣官房 環境計画課計画官 環境経済調査室長

2020年8月より環境省地球環境局総務課 脱炭素化イノベーション研究調査室長

2021年 退職後、子供の未来をかんがえる会代表として、各種講演会、地域活性化への活動に力を注ぐ。

 

2000年頃から諏訪郡富士見町に住居を構え、週日は東京や長野市で勤務し、週末は富士見町でお子様2人などご家族とともに過ごす、「2拠点生活」を始められたパイオニアでもあり、「半農半公務員」の生活で、自給自足的なライフスタイルを実践していらっしゃいます。地域でこそ、サスティナブル(持続可能)な生活を実現できることが、東日本大震災や今年のコロナ禍を受けて感じていらして、「地域循環共生型社会」について研究している。

 

参考文献:

中島恵理著『田園サスティナブルライフ』

             (2011年、学芸出版社)

中島恵理著「英国の持続可能な地域作り」

             (2005年、学芸出版社)

環境省 『地域循環共生圏』プラットフォーム http://chiikijunkan.env.go.jp/